ニキビ跡を綺麗に残さないための方法。

ニキビ跡を綺麗に残さないための方法

ニキビは、気になってつい指でつぶしたり、爪でひっかいたりする方がいますが。

顔の皮膚は通常の部分に比べて薄くデリケートですので、適切な処置を怠ると痕が残ってしまうことがあります。
ニキビ跡には大きく分けて2種類あり、赤黒い色素沈着のタイプと、でこぼことしたクレータータイプが挙げられます。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-CSS85_mbakubiwokashige20131019-thumb-1000xauto-17314
色素沈着はピーリングで薄くすることが可能ですが、クレーター状の凹凸は、なかなか治りにくく、できてしまうとかなり目立ちます。
ひどいニキビ跡を残さないためには、ニキビができた初期の段階で、皮膚科専門医の診察を受けることがおすすめです。

ニキビが化膿して、つぶれると痕が残りやすいので、ニキビを悪化させる前に治療することで、ひどい跡が残るのを避けることが可能です。
クレーター状のニキビ跡は、医療レーザー治療で隠すことができます。

その他、美容を得意とする皮膚科や美容外科などでは、ニキビ跡の治療に力を入れているところもあるので、気になる方は問い合わせてみると良いでしょう。